「現代を"生きのびる"ための哲学」 シリーズ ー対面&オンラインの学びの場ー

  Event                       

 

現代を"生きのびる"ための哲学 シリーズ

ー他者を傷つけず、自己を損なわず、生きていくためにー

 

テーマに即した研究者・実践者の話し手とし、彼ら・彼女らが提示する問題や分析を軸に、

対面&オンラインで、みなで考え語り合う時間



 2022.01.22 第1回

シリーズ第1回、テーマは「男が暴力をふるうのはなぜか?ー社会に暴力が生まれるメカニズム」

 

2021年に起きた小田急線・京王線傷害事件。

今だ記憶に新しい凄惨な事件であったことは間違いないが、それ以上に驚かされるのは、事件後「いのちの電話」窓口に「私も同様の事件を起こしたい/起こしかねない」といった相談が多く寄せられたという事実である。

2008年の秋葉原無差別殺傷事件のときも同様の相談が届いたらしい(東京新聞、2021年11月22日)。

 

「相手は誰でもいい」ー私怨ではない、まるで"社会に対する怨み"が爆発して起きたように思えるこれらの事件に、

少なからぬ共感の声が集まってしまう現代。

 

私たちはこのような事件やその背景をどう考えたらよいのだろうかー

 

第1回は、テーマと同名の著書を翻訳された佐藤和夫さんを招き、

・暴力が社会に生まれてしまうのはなぜか

・いったい何が、彼らを暴力に向かわせてしまうのか

・どうしたら暴力を「予防する」ことができるのか…

みなで話をうかがい、考えあいます。

 

⇒第2回は「非暴力的に生きるための条件(仮)」をテーマとして、同じく佐藤和夫さんを招き、考え話しあいます

 

  Notes

◆日時:2022年1月22日(土) 15時~18時

※対面参加の方は18時~交流会(任意参加)

◆参加費:対面&オンラインいずれも1,000円

※交流会参加費:2000円(お食事+1ドリンク)

◆定員:対面参加15名(先着順)/オンライン参加(制限なし)

◆参加方法:

〇対面参加をご希望の方

①「対面で参加する」ボタン

⇒申込フォームより送信

②定員内の場合、申込確定のメールが届きます

③当日、アルコイリスへご来場ください

(参加費は当日のお支払いとなります)

※対面参加は満員になりました

キャンセル待ち予約かオンライン参加が可能です

 

〇オンライン参加をご希望の方

使用ツール:zoom

①以下よりpaypalかクレジットカードで参加費をお支払い

②ご入金確認後、zoomミーティングID&PASSを送付

③zoomアプリを起動し、当日ご参加ください

  Guest info

【話し手プロフィール】

佐藤和夫さん(1948年生まれ)

千葉大学名誉教授(哲学)

主著:『政治の危機とアーレント』、『仕事のくだらなさとの闘い』他

訳書:J・ギリガン『男が暴力をふるうのはなぜか』、ハンナ・アーレント『精神の生活』他

 


  参考図書

『男が暴力をふるうのはなぜかーそのメカニズムと予防ー』

著者:ジェームズ・ギリガン

訳者:佐藤和夫

大月書店、2011年

※書籍の購入できます(著者割引)

当日現地購入:¥3,080⇒¥1,500

事前の郵送購入:¥2,000(送料込)

 

 



 Entry & Payment

↓対面参加のお申込み

(当日のお支払い)

※対面参加は満員になりました

 キャンセル待ち予約

オンライン参加が可能です


↓オンライン参加のお申込み&お支払い

¥1,000

※直前までお申込み可能です


↓オンライン参加&書籍購入のお申込み

※お申込後、ご入金案内が届きます




!お支払いにあたってのご注意事項!

①請求書記載の一般社団法人地域デザインプラットホームは、アルコイリスの運営法人です

②お支払い確認後、開催1時間前までにzoomのID&PASSをご送付いたします

③お支払い後のご返金はできません。確実に参加できる場合のみ、お支払いをお願いします

④お支払いのご案内後、期日までに入金確認ができない場合はキャンセルとみなしますのでご了承ください

⑤書籍はご決済後の郵送となります。2022/1/15以降にご決済の場合、イベントより前にお手元に届かない場合がございます

 あらかじめご承知ください

 

 Access