Event                       

2013年の映画から日本でも広く知られた女性思想家ハンナ・アーレント。彼女の主著『人間の条件』は、一人で読むと数分で寝落ちするほど難しい。 

しかし、60年も前に著されたこの本は、現代を生きる私たちが抱える問題途方もない孤独感、手に負えない世界経済や科学技術の進展で感じる無用感、排外主義や民主主義への絶望を見据えて、描いているように思います。

 

良書であることは間違いないが、一人で読むには難しすぎる。

そんな本を片手に、一行ずつ、ともに読み、ともに考え、意見を交わす。 【連考・連読】の読書会が新たにはじまります。

 



 Detailed Information

ハンナ・アーレント著『人間の条件』読書会
▮日時:12月15日(土曜日)15時~18時
場所:大人の秘密基地arcoiris

▮参加費:500円(1ドリンクつき)

▮交流会:1500円+ドリンクキャッシュオン

▮定員:15名程度

▮内容:『人間の条件』のプロローグ&第6章「<活動的生活>と近代」を読み進めます

予習不要!その場で一行ずつ輪読し、わからないところを出し合ったり、それぞれの意見・考えを伝えあいながら、ともに読み進めていきます。

 

▮本がない方は対象箇所のコピーをお渡しします(事前申込み・有料)

課題図書・詳細

『人間の条件』

ハンナ・アーレント著

志水速雄訳、ちくま学芸文庫



 Booking

 Access